MENU

生理痛の緩和には仙骨がポイント

スポンサーリンク

生理痛には個人差がありますが、ほとんどの女性が一度はつらい生理痛を経験しており、ひどい時には鎮痛剤を飲むという人も少なくありません。
これは、体の冷えや骨盤の歪み、女性ホルモンの乱れが原因で起こるといわれていますが、月に一度とはいえ、なるべく痛みを感じることなく過ごしたいものです。
骨盤が歪む事で卵巣や子宮などを制御する仙骨神経の入り口である仙骨まで歪んできます。
これによって卵巣や子宮の機能低下が起こり、生理痛や不妊症などの原因になるのです。
そのため痛みがひどくてつらい人は、骨盤矯正をする事がおすすめです。
整体をうけたり、自宅でも骨盤体操や骨盤ベルトで仙骨を正しい位置に戻せば、骨盤内のバランスが整い生理痛にも効果があります。

スポンサーリンク

また仙骨を温める事で、生理痛を和らげる事ができます。
仙骨はおしりの割れ目の上辺りにある骨になりますが、お腹よりも子宮に近い場所にあるため、子宮を温める効果が高くなり、また全身が温められて痛みを和らげてくれます。
この部分と冷えが強い人の場合には、おへその下の辺りを両方から温めると更に効果的です。
また、仙骨の両脇にあるつぼを押しながらマッサージするのも効果的です。
両脇辺りには4つのくぼみがあり、このつぼをゆっくり押します。
また下腹部もさするように時計回りにマッサージします。
このときに好きな香りのアロマオイルなどを使ってマッサージすれば、リラックス効果もあるためゆったりした気分で、痛みも和らぐ効果があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加