MENU

生理痛で全身が痛いということも

スポンサーリンク

生理痛とは、生理期間およびその前後に起きる痛みやさまざまな症状のことを指しています。
この生理痛には個人差があり、薬などを飲まなくても我慢できる程度のものや、処方された薬を飲んでも痛みが収まらないというものまであります。
痛み以外にも、倦怠感やいらいら、うつなどの症状を伴うこともあり、その症状が非常に重く治療を受ける必要がある場合、月経困難症と診断されるようになっています。
その症状としては、腹痛や腰痛、頭痛、吐き気、嘔吐などがよく知られていますが、全身が痛いと感じることもあるようです。
また、多くの人が経験する腰痛や腹痛などの症状ですが、中には症状がほとんどまたは全く出ないという人もいるとされています。

スポンサーリンク

生理痛が起きてしまうのは、はがれた子宮内膜を押し出すために子宮が萎縮するためであり、この子宮内膜を押し出す働きは、子宮内膜で分泌されるプロスタグランジンというホルモンが影響しています。
プロスタグランジンは子宮の収縮を促す女性ホルモンの一種なのですが、このホルモンの分泌量が多すぎると子宮の収縮が強くなり、生理痛が酷くなってしまいます。
また、プロスタグランジンには全身の血管を収縮させるという働きもあり、生理の時に全身の血行が悪くなるため、さまざまな生理痛の症状を引き起こすのです。
また、生理前は黄体ホルモンの影響で便秘がちになり、生理が始まるとプロスタグランジンの影響で下痢になりやすくなると言われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加