MENU

大豆イソフラボンと生理痛の関係について

スポンサーリンク

生理痛の症状には様々なものがあり、症状の出る時期も人によって違いがあります。
生理が始まって1日から3日のうちに症状が出る方が多いと言われており、症状でもっとも多いのが下腹部の痛みです。
子宮の収縮を促進するホルモンのプロスタグランディンが分泌される事によって下腹部の痛みを生じたり、吐き気・胃痛・腰痛・頭痛などの症状が引き起こされる場合もあります。
下腹部の痛みや腰痛の症状は冷えが原因となる事もあるので、体を冷やさず、血行を良くする事が重要です。
痛みが強い時には我慢せず、鎮痛剤などを使用する事で辛い症状を緩和する事が出来ます。
生理時の体調や症状について心配なところがある場合には、婦人科などで医師に相談をする事も必要です。

スポンサーリンク

なるべく生理痛の症状を軽くしたいと思う場合には、毎日の食生活を見直す事も重要です。
食生活を見直し、ホルモンバランスを整える栄養を摂取する事は、生理痛を改善する事に繋がると考えられています。
生理痛に効果がある栄養素として最近注目されているのが、大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするという特徴があります。
体がストレスを感じたり栄養が不足したりすると、ホルモンバランスが崩れてエストロゲンの分泌が阻害されてしまいます。
食事などから大豆イソフラボンを摂取すると、エストロゲンに代わってホルモンバランスを整える働きを行ってくれるので、生理痛の改善効果に期待出来るのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加