MENU

生理痛と男性ホルモンの関係と生理痛の緩和法

スポンサーリンク

生理が始まると、お腹は痛い、腰は痛い、手足が冷える、便秘になる等、生理痛や生理に伴う不快な症状に悩む女性は多いです。
女性の体は女性ホルモンが支配されていて、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つのホルモンが増えたり減ったりするリズムに合わせて生理になったり、妊娠を持続したりしています。
もちろん、男性は男性ホルモンに支配されています。
黄体ホルモンにも男性ホルモンに似た成分がありますが、だからといって生理痛には直接男性ホルモン成分は関係ありません。
女性ホルモンがバランスよく保ってくれているときは、心身ともに普通に過ごせますが、生理になったり排卵するときに急激にバランスが入れ替わるために、この急激な変化に体は対応しなくてはいけません。
このホルモンの変化やバランスの崩れが、生理痛の起きる原因ともいえます。
しかし、個人差があり、ホルモンバランスを整える以外にも生理痛を緩和させる方法があります。

スポンサーリンク

ホルモンバランスが急激に崩れることで生理になるのですが、このバランスの崩れができるだけ小さいものになれば、生理痛も緩和させることができます。
ホルモンバランスの崩れはストレスや自律神経のバランスの崩れで大きくなる言われています。
自律神経のバランスを良くするためには、リラックスすることです。
日々仕事や育児などで疲れを感じている方でしたら、軽くストレッチをしたり、音楽を聞いたりしてのんびりしましょう。
身体を温めることもポイントです。
まず、身体の中から温める飲み物を飲みましょう。
この時に珈琲などではなく、味噌汁や生姜紅茶などの体を内側から温める食材を使ったものがよいでしょう。
また、ホルモンバランスは骨盤がつかさどっているとも言われています。
骨盤周りの血行を抑止、骨盤の開閉がスムーズになるようにすると、生理痛もかなり楽になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加