MENU

生理痛があるのなら相手が男性教師だとしても正直に話そう

スポンサーリンク

生理痛は目に見えない分、なかなか他の人には痛みや辛さを理解してもらえない傾向にあります。
特に、生理を体験したことがない男性に生理痛の痛み・辛さを理解してもらうことは難しいものです。
また若い女性の場合は恥ずかしさから生理中だということを隠してしまうことも十分にありえます。
もちろん生理中であるということをムリに男性に話す必要はありません。
ですが、生理痛が酷い時や毎月感じる生理痛が重たい体質なのであれば、ケースによって、相手が異性だとしても生理中であること、生理痛が酷いということを話しておくことで、気持ちがラクになることもあります。
例えば、学校での体育のシーンなどです。
体育科の先生が全員女性教師とは限りません。
男性教師の場合も多々あります。

スポンサーリンク

生理中でも体育の授業を受けることは可能ですが、長距離マラソンや水泳の授業の場合、生理中だったり生理痛が酷い時には見学するのもやむを得ません。
こんな時には体育科の先生が男性教師だとしても、正直に話して見学することを伝える方がすんなりと事が運びやすいです。
どうしても自分から言い難いというのであれば、保健室の先生や女性教師に相談をして付き添ってもらった上で男性教師へ話す、もしくは親御さんから説明をしてもらうなどの手段を取るのも良いでしょう。
とはいえ、生理は女性にとってとても自然な体の摂理です。
そして、健康な体であることの証でもあります。
相手が異性だとしても恥ずかしがらずに、堂々と正直に話すようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加