MENU

生理痛と着床痛の違い

スポンサーリンク

世の若い女性には、月一に生理というものがありますが、これが下腹部痛等の痛みを伴う場合もあり、辛いものであったりもします。
いわゆる生理痛と呼ばれるものです。
生理の時の辛さや面倒臭さは、女性なら誰しも一度は持ったことのある感情です。
生理痛の時でも、うまく薬をつかったり、横になったりと、痛みを和らげる方法はあります。
小さな努力で、多少なりとも痛みの温和・軽減はできます。
しかし生理痛は嫌なものでしょう。
さて下腹部痛の一つに、着床痛というものもあります。
これは何かというと、精子と卵子が結びついた後、子宮に着床した場合に起こる痛みなのです。
着床痛は、まだあまり世の中全体には、聞き慣れない言葉であるでしょう。

スポンサーリンク

生理痛の痛みと着床痛の痛みとは、人によって違いはあるでしょうが、一般的には全く違うものです。
着床痛の痛みは、どちらかというと小さな痛みであり、激しい痛みではない場合が多いです。
また、着床痛自体、全く感じない女性の方が多いかも知れません。
それくらい未だポピュラーな痛みでは、ないといえます。
また着床痛がある場合は、排卵日から1週間目あたりにあるものなので、生理周期のキチンとしている方であれば、その時期によって痛みの種別ができるのです。
生理の時の痛みが生理痛であり、排卵日から一週間後の痛みが着床の痛み。
着床の痛み方というのも人それぞれでしょうが、本当に小さな痛みで、針で刺した感じという表現が多いのも事実であります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加