MENU

生理痛の痛みの度合いの例え

スポンサーリンク

生理時の不快な症状に悩む人は、症状の差こそあれ多く存在すると思われます。
生理痛の度合いには個人差がありますし、痛みの感じ方や表現の仕方も異なるので、千差万別と言えるでしょう。
生理痛がひどい方の場合、鎮痛剤を毎回手放せない方や、寝込んでしまうほどの方もいると思われます。
仕事をしている場合などは特に、上司の理解を得る場面も必要になり、症状や状態を理解してもらう事も大切です。
一般的には軽度の場合でも、例えて言うと下腹部に重い痛みを感じる場合が多いです。
更に腰痛や頭痛を伴う事もあり、痛み以外にも吐き気や貧血の症状が出る場合もあります。
たかが生理痛と思われてしまうと、大変辛い状況ですが自分の生理痛の状況や生理のサイクルを理解し、周囲にも理解してもらう事も大切です。

スポンサーリンク

生理痛があまりにもひどい場合、例えば、年々ひどくなる、鎮痛剤を飲んでも効かない、経験した事がないくらいに痛いなどでしたら、何らかの病気が原因となっているケースもあります。
気になる場合は、早めに産婦人科に一度相談をしてみると良いでしょう。
子宮内膜症や子宮筋腫が隠れいている事もありますので、たかが生理痛と侮らない事が大事です。
こうした病気には痛み以外にも症状があります。
例えば、経血の量が多い、排便時に子宮に痛みを感じる、生理がダラダラと10日以上続くなどがあげられます。
セルフチェックをしてみて、気になれば定期的に受診するのも良いでしょう。
日常生活では、血流を良くするために体を冷やさない、ホルモンバランスの乱れの原因となるので、ストレスを軽減するなどが大切です。
自分の体に注意を向け、意識をしてケアをしてみましょう。
生理とうまく付き合い、心身ともに向上し快適な生活を送りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加