MENU

生理前の眠気や頭痛や発熱などの生理痛の対処法

スポンサーリンク

女性は、生理前から身体にいろいろな症状が出ます。
しかし、個人差はあります。
生理が近づくと眠気に襲われたりします。
これは、黄体ホルモンと呼ばれる眠気を引き起こすホルモンを多く分泌するためです。
そのため、寝ても寝ても異常なくらい眠気がするのです。
この眠気は自然なものです。
しかし、生活習慣が乱れることで、より強い眠気に襲われるようになってしまいます。
そのためには、規則正しい生活を心がけるようにすることが大切です。
また、生理痛に悩まされる人もいます。
あまり痛みなどがない人もいますが、寝込むほど辛い症状の人もいます。
頭痛がしたり、発熱を伴う人もいます。
しかし、これらの症状の対処法としては、市販の鎮痛剤の服用で軽減することができます。

スポンサーリンク

また、生理の時の頭痛は、血液の循環に関係があることが多いのです。
発熱もそうなのですが、血行を良くすることが重要になってきます。
そのためには、日頃の生活に運動を取り入れ、血行を促進し、血液の流れを良くするように心がけることが大切です。
生理中は、風邪に似た症状が続く場合もあります。
しかし、その症状が長く続くようであれば、1度病院へ受診してみた方が良いです。
生理中はとても憂鬱になったりします。
特に、寒くなると生理痛がひどくなる人もいます。
この痛みは、冷えることから来るのです。
そういう場合には、携帯用カイロを腰に貼り付けることで痛みも軽減します。
また、下腹部に痛みがある人は、痛むところに貼ることで、随分痛みも緩和されます。
何かしら対処法はあるので、自分に合った方法を見つけることが重要になってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加