MENU

生理痛の症状と尿意について

スポンサーリンク

皆さんが生理時に感じる身体の症状はどのようなものがあるでしょうか。
人により症状は様々ですが、一般的に下腹部の痛み・腰痛・偏頭痛などがあげられ、それらは生理の何日目なのかによって症状や生理痛の重さも変わってきます。
先に挙げた諸症状はあくまで一般的なものであり、いわゆる生理痛と言われるものは人によってそれぞれで中には全く生理痛というものを感じることも無い方もいるほどです。
特に生理前後や最中には、無性に尿意を感じやすくなりお手洗いに1日に何度も行くという方が多いのです。
これは、心因性の頻尿と考えられており神経的頻尿と言われ、尿道内の圧が高くなっていることが原因とされています。
たとえ尿がなくても尿意をもよおしお手洗いに行ってしまうということがあるのです。

スポンサーリンク

女性の膀胱はホルモンによって定期的に子宮や大腸からの刺激を受けることによって、いわゆるトイレが近い状態になります。
つまり生理による頻尿だけではなくて、膀胱炎といった病気も女性には多いのが目立ちます。
まれにではありますが、ただ単なる生理による尿意と思いがちでも膀胱炎や婦人科系の病気の一症状ということもありますので、こうした症状が少しでも気になる場合には一度婦人科での検診を受けてみると良いでしょう。
生理前などは特にコーヒーや紅茶などのカフェインを取りたくなりますが、カフェインという成分には利尿作用があるので摂取することによって更なる尿意を感じるようになり頻尿が悪化してしまう恐れもありますのでそこは注意です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加