MENU

生理痛と妊娠超初期の症状の違いについて

スポンサーリンク

下腹部が重い、締め付けられる感じがする、こういった生理痛の痛みと妊娠超初期段階に現れる症状はとても似ています。
そのため、痛みを感じ始めて生理がもうすぐくると思っていたら、全く始まらず実は妊娠していたという方も多いのです。
 どちらの場合も痛みを感じはじめるのは、ほとんどの場合が生理予定日の周辺で、食べ過ぎやお腹を壊したときとは違い、下腹部がチクチクするような痛みが出てきます。
  では、妊娠しているかを見分けるためにはどうすれば良いのでしょうか。
実は生理痛と妊娠超初期段階に感じる痛みとはほとんど違いが無く、ただ生理が始まるのを待つか、気になる方は妊娠検査薬を試したり、病院に行って確認するしかないのです。
 スポンサーリンク

 生理前に起こりやすい眠気や体のだるさ、肌荒れなどといった他の症状も妊娠超初期段階で感じることと似ているものはたくさんあります。
反対に全く症状が出ないという方もいるので症状から妊娠しているかどうかを判断することは難しいでしょう。
 しかし、もし生理痛が始まってもなかなか生理がこない場合、妊娠の可能性がある方は痛みどめの薬は服用せず早めに検査をすることをお勧めします。
ただ、どちらにしても冷えは良くないので、体を温めるように意識をしておいたほうが良いですが、温めることで痛みを緩和することもできます。
 妊娠超初期に感じる体の変化は生理が始まるときと本当に良く似ているため、妊娠が分かって後から考えてみればあれがサインだったのかもと思う方は多いです。
生理が遅れたり、少しでもいつもと違うと感じることがあれば、念のため検査をしてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加