MENU

生理痛は年齢とともに変化するって知っていますか

スポンサーリンク

女性はある一定の年齢に達すると、生理という子供を生むための準備が始まります。
多くは、小学校の高学年から高校生になるまでの間に発生すると言われています。
もちろん、この時期には個人差があり、生理の時に出る経血の量や生理痛の有無、症状の度合いも全く異なります。
したがって、全く痛みがないという人もいれば、毎月とてもひどい痛みに襲われるという人もいます。
また、若い頃は痛みがひどかったのに、年齢とともに変化してきて、痛くなくなったたという人もいます。
このような加齢による痛みの軽減には、出産という出来事が大きく関わっています。
というのも、子供を生む時には子宮口が大きく開きます。
一度子宮口が開いてしまうと、なかなか元には戻りません。

スポンサーリンク

よって、出産経験のある人は、子宮口が広いという傾向があります。
逆に言うと、若ければ若いほど、出産経験がないため子宮口が狭いのです。
この子宮口が狭いと、生理中に排出される経血が上手く流れ出ないために、痛みがひどくなるのです。
特に、30代以後は痛みがひどくなくなった人の割合が高いのですが、これは30代から出産を経験したことのある人が増えてくるからと言えます。
とはいえ、個人差がありますので、誰でも出産をしたからと言って、また年齢を重ねたからと言って、生理痛が無くなる、または痛みが少なくなるという訳ではありません。
なぜなら、この他にも生活習慣やホルモンバランスの乱れなども、生理痛をもたらす大きな要因の一つであり、子宮口の広さだけで決まるものではないからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加