MENU

生理痛による脳貧血を予防するには。

スポンサーリンク

毎月やってくる生理。
女性にとって生理とは避けることができない現象です。
そんな生理ですが、その際に激しい痛みを伴う人もいますよね。
それが生理痛です。
では、なぜ生理痛は起こるのでしょうか。
生理が始まる頃から女性の身体の中では経血を子宮からスムーズに排出するための物質が発生するのですが、その物質のせいで子宮が収縮するために痛みが起こるのです。
痛みが強い人ほど、この物質の量が多いのです。
あまりにも痛みが強いとめまいや吐き気などの症状も出てくることもあり、中には重度の場合だと脳貧血を起こして倒れてしまうこともあります。
それでは、脳貧血にならないようにするにはどのような事に気をつけていけば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

脳貧血とは、一時的に血圧が低くなってしまい脳に血液がうまくまわらなくなり脳が貧血状態になることです。
その為、立ちくらみやめまい、ひどい状態になると意識を失って倒れてしまう事もあるのです。
特に生理中は血液が不足しますし、生理痛がひどい人はその痛みを我慢しようとしてしまいます。
そうなると無意識に息をこらえてしまって血液の循環に影響を及ぼし結果的に低血圧を招いてしまうこともあります。
血圧が低下してしまうと脳貧血になってしまうという事になってしまいます。
脳貧血を防ぐには痛みを無理に我慢しないで上手に薬と付き合ったり、意識がふらふらしてきたなと思ったらすぐに無理せずに横になってしばらく休むと良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加