MENU

生理痛の痛みには背中を温めよう

スポンサーリンク

女性の悩みとして多いのが、生理痛です。
あまりにも痛みがひどくて、仕事や勉強に身が入らないという経験をされた方は多いのではないでしょうか。
ここでは、そのような悩みを抱えている人のために、改善するための方法をお教えします。
まず、生理痛がひどい1つの原因として考えられるのは、子宮まわりが冷えている場合が多いです。
このため、子宮まわりを簡易湯たんぽや腹巻等で温めたり、動かすことで和らいでいきます。
そして、最も暖めると効果があるといわれているのは、意外にもお腹よりも背中なのです。
背中にある仙骨というツボを温めると効果があります。
この仙骨の場所は、背骨の付け根、尾骨の上部のところにあります。
なぜ仙骨を温めるといいかというと、 スポンサーリンク

お腹より子宮に近く、子宮まわりが温まりやすいからです。
効果的に温める方法は、簡易カイロを仙骨とへその下の2箇所に貼るといいです。
このようにカイロで子宮を挟み込んで温めることで、より効果を得られます。
また、別の痛みを和らげる方法として、アロマオイルでマッサージしても効果的です。
これから、簡単にやり方を説明します。
まずは、好みの.オイルを仙骨まわりに塗っていきます。
それから、両手の人差し指、中指、薬指の腹で仙骨付近を下から上に、円を描くように優しく優しくマッサージしていきます。

ポイントとしては、あまりにも強い力でやってはいけません。
あくまでも優しくやることで、じわじわと温めていく事ができるからです。
参考にしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加