MENU

生理痛を緩和させるには白湯

スポンサーリンク

多くの女性が抱えている体の悩み・不安というものの1つに生理痛があります。
酷い生理痛は病気のサインとも言われていますが、基本的に生理中に感じる痛みは病気ではありません。
とはいえ、生理痛があるというだけで普段通りの生活を送ることが出来ず、いつもの生活リズムが狂ってしまう方が多いのは事実です。
そんな生理痛を緩和させる手軽な方法というものが近年とても注目されています。
それは、白湯を使った緩和方法です。
白湯とは沸騰させたお湯を約40度から50度くらいの温度になるまで冷ましたお湯のことを言います。
やかんやお鍋にお湯を入れ、しっかりと沸騰させた後にさらにそのまま3分くらい煮立たせて、カルキなどの不純物を飛ばして作ります。

スポンサーリンク

では、白湯を使った生理痛緩和方法とはどういったものなのでしょう。
白湯を使った方法はとても簡単です。
生理開始予定日の一週間くらい前から白湯を飲みだす、これだけです。
約40度から50度という体温よりも少しだけ高めの温かいお湯を飲むことで、体の中から温められ内蔵機能が活発になります。
その結果、血行促進に繋がり基礎代謝が自然とアップして生理中の痛みが緩和される、というわけです。
飲み方は自由ですがゆっくり時間をかけて飲んでいく方が、胃腸に負担がかからず飲むことが出来ます。
また、リラックス効果を得ることも可能です。
生理中の痛みの原因の1つとしてストレスがあげられています。
リラックス効果も同時に得られるこの白湯を使った緩和方法は、生理痛緩和に最適な方法と言えるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加