MENU

うずくまるほどの生理痛があるなら

スポンサーリンク

生理痛は、子宮を収縮させるプロスタグランジンという物質によって引き起こされます。
この物質の分泌によって経血を子宮の外に排出できるのですが、多く分泌されることによってきりきりと締め付けられるような痛みを感じます。
また、血管を収縮させる作用もあるため、だるさや吐き気、冷えといった症状も起こります。
ある程度の生理痛は仕方のないことなので、生理の時には下腹部や足首をあたため、血行を悪くしないように気をつけると良いです。
月に数回の服用であれば体に悪影響はないため、鎮痛剤の使用も効果的です。
いつもよりゆったりとしたペースで生活し、無理をしないことが大切です。
生理中は自分の心と体をいたわる期間だと思って生活するとストレスが少なくなります。

スポンサーリンク

冷え対策などを行ってもうずくまるほどの痛みがある時は、生理痛以外の原因も疑った方が良いです。
たとえば、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫といった子宮周りのトラブルが隠れていることがあります。
どんな病気であっても早期に発見できれば回復も早いですから、耐えられない痛みがあった場合は婦人科での検診をおすすめします。
異常がみられない場合は、ピルや漢方薬などを服用することで痛みを緩和することができます。
ピルは排卵を抑制することで、生理に伴う痛みや不快症状も抑えます。
漢方薬は長期的に体質改善を行うことで、血行を良くして冷えを取り除くことができます。
自分の体とうまく付き合うことで、生理の時も快適に過ごすことができるため、婦人科検診は定期的に受けると良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加