MENU

生理痛が発作的に発生した場合の対処方法について

スポンサーリンク

生理痛は、様々な原因によって発生します。
もともと冷え性気味で血行が悪い人はよく生理痛が起こるようですが、それ以外に、子宮や卵巣に何らかの病変が起こっているために発生する場合もありますし、子宮が必要以上に強く収縮してしまうことが原因になっている場合もあります。
思わぬ病気が潜んでいる場合がありますので、あまりに痛みが強い場合や、いつもとは違う痛み方をしている場合などには、病院を受診してみた方がよいかもしれません。
生理のたびに起こる痛みだからと軽視したりせず、いつもとは違う症状があった時は検査を受けるようにした方がよいでしょう。
たとえば、強い痛みと同時に黒い経血が出るような時は、体内に筋腫ができている可能性もありますので、注意することが大切です。

スポンサーリンク

 普段から重い生理痛で悩んでいるような人であれば、痛み止めの薬を常に持ち歩いているというケースが多いのではないかと思いますが、外出先で急に生理になり、薬を持っていなかったというようなことも起こるかもしれません。
また、体質的に薬を飲むことができないという人もいるでしょう。
発作的に強い生理痛が起きてしまった場合の対処法としては、痛みを鎮める効果のあるツボを刺激するという方法が有効です。
足首の近くに三陰交という名前のツボがあるのですが、このツボを押すと痛みを和らげることが可能です。
このツボは生理痛だけでなく、ひどい歯痛や腰痛などの痛みを緩和する効果も期待できますので、活用範囲が広いです。
即効性のある方法なので、発作的な痛みの緩和方法として覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加