MENU

病気が原因の生理痛をセルフチェック

スポンサーリンク

生理痛については、なんらかの症状に悩まされた事がある方が多いと思います。
程度には差がありますし、痛みの感じ方も個人差がありますが、症状としては下腹部の痛み、腰痛がある、頭痛があるなどです。
生理痛以外でも、イライラして精神的に不安定になるなど不快な症状に悩まされている人は多いことでしょう。
鎮痛剤を飲んで収まる場合や、鎮痛剤の利用頻度が低いという場合は、正常である事の方が多いようですが、日常生活に支障をきたすような痛みが有る場合は、何らかの病気が原因の事もありますので、日頃から自分でチェックする事が大事です。
たかが生理痛と侮らずに周りにも相談をしてみましょう。
人との差が分かる事で度合いが分かる場合もあります。

スポンサーリンク

セルフチェックの方法ですが、痛みに関しては、毎回痛みがあり鎮痛剤を常用している、鎮痛剤が効かないほど痛い、家事や仕事に支障をきたす場合がある、生理時以外でも痛みがある、などに当てはまれば何らかの病気の可能性もあります。
痛み以外のチェックでは、頭痛や吐き気や貧血がある、排便の時にひどい痛みがある、食浴がなくなるなどがあげられます。
この様な症状がある場合は、我慢をせずにすぐに婦人科を受診することをおすすめします。
セルフチェックで痛みのSOSを逃さず、原因が分かる事でその病気の治療に早く踏み切れますし、病気の進行を防ぐ事ができます。
セルフチェックだけに頼らず、医師に相談することで生理痛の軽減が出来る事もあります。
生理痛を乗り越えて快適な暮らしを取り戻しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加