MENU

不妊症に関係する生理痛の原因

スポンサーリンク

生理痛には個人差がありますが、ひどい人の場合には、鎮痛剤を飲んだり日常生活に支障がある人も少なくありません。
ほとんどの人が一度は生理痛を感じたことがあると言われていますが、その中でも半数近い人が生活に支障を感じています。
ところが生理痛がひどい事が原因で婦人科を受診して治療する人は、ほとんどいないといわれています。
しかし鎮痛剤を飲まないとおきられない人や日常生活に支障がある人の中には、実は病気が隠れている可能性も考えられるため注意が必要です。
生理痛がひどい人の事は、月経困難症という病名で呼ばれていますが、月経困難症の中には、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症など病気をもっているケースもあるのです。

スポンサーリンク

年齢とともにだんだんと痛みが強くなってきた人や急に痛みだしたという人の場合には、こういった病気が隠れている可能性があり、またこれらは不妊症と関係している場合もあるため注意が必要です。
子宮内膜症がある人の場合には、子宮や卵巣の周りが骨盤と癒着してしまったり、病巣から出る物質によって受精ができなかったりします。
最近の晩婚化にともない、不妊治療をしている人も増えていますが、いざ赤ちゃんが欲しいと思った時に、子宮内膜症などの病気が不妊の原因になっていることもあるのです。
そのため、生理痛が生活に支障があるほどひどい人の場合、また生理不順が気になる人の場合にも、早めに産婦人科に受診して原因を知ることが大切なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加