MENU

生理痛と偏頭痛、吐き気がひどい方へ

スポンサーリンク

女性にとって、毎月必ずやってくる月経というのは、とても辛いものです。
症状が軽い方ならそんなに負担はないかもしれませんが、生理痛が重い女性にとっては、本当に辛い毎日を過ごさなくてはならなくなってしまい、毎月月経がやってくる時期を苦痛に感じることもあるようなので、決して軽く考えられるものではありません。
また、生理痛と言えば、お腹が痛くなるというイメージをお持ちの方が多いですが、生理痛は何も腹痛だけが症状というわけではありません。
人によっては、偏頭痛になってしまったり、それによって吐き気がしたりなど、さまざまな症状が出てきてしまって、学校や仕事を休まずにはいられない場合もあるので、本当に厄介なものです。

スポンサーリンク

生理痛の中に偏頭痛が含まれている場合は、エストロゲンというものが影響しているケースが多く、月経がくる数日前から月経がきて3日から4日間ほど、頭痛に悩まされることがあります。
生理痛の頭痛というのは偏頭痛になりますので、ちょっと頭が痛い程度ではないのが特徴です。
そのため、鎮痛剤ではあまり効きません。
病院で処方されるような、偏頭痛の薬でなければ効果が得られないので、鎮痛剤を飲んでもあまり効果がないと感じている方は、偏頭痛の薬を服用してみてください。
そして、偏頭痛というのは吐き気を伴いますので、非常に辛い症状でもあります。
さらに、月経の時に分泌されるホルモンが吐き気を引き起こしている場合もあるので、意外と多い症状でもあります。
あまりにも吐き気がひどい場合は、婦人科に相談しにいったほうがいいので、そうしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加