MENU

年齢によって変化する生理痛

スポンサーリンク

生理痛は辛いものです。
女性ならば皆、経験したことがあると思います。
しかし、傷みの程度は様々です。
特に、苦痛でもなく普段と変わらない生活ができる人もいます。
しかし、なにもできないくらいの辛い痛みがあリ、寝込んでしまう人もいます。
10代のころは、子宮は未熟な状態です。
そのため、生理の状態も安定していません。
そのため、下腹部の痛みや、頭痛、または身体がだるいといった症状を訴える人もいます。
中には、吐き気や下痢になる人もいます。
子宮口が狭く、骨盤もあまり強くないために起こるのです。
しかし、20代になると生理痛の症状も一定になってきます。
そのため、生理が近くなると下腹部が重く感じたり、生理が始まり、2日をピークに痛みが来るといった具合に決った症状が現れることが多いです。

スポンサーリンク

30代になると、月経前症候群が表れてきます。
それは受精卵を着床させ、妊娠を継続させる働きをする黄体ホルモンの分泌が増えることによって起こるのです。
そのため、出産経験のある方に多いです。
しかし、30代では、老化によってホルモンの出方も変わります。
そのため、精神的な症状が出てくるようになります。
例えばイライラしたり、逆に無気力になったりします。
人によって出方は様々で、軽くなったり重くなったりします。
しかし、その陰には病気が隠れていることも考えないといけなくなります。
特に40代になると、生理も不安定になります。
年齢によって変化する生理痛ですが、年だからと思うのではなく、変化が現れた時には、病院を受診してみるという気持ちを持つことも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加