MENU

生理痛のための有給休暇について

スポンサーリンク

女性ならば誰しも経験する月に一度の苦痛として生理痛というものがあります。
これは女性によっては非常に厄介なものであり、痛みのあまり何もやる気が行らないといった場合や、身体がだるくて動けないといった症状が重い人もいます。
このような状況では職場に行っていつもと同じようにしっかりと業務をこなすことは難しいといえます。
そうしたとき、女性は休暇を申請することがあります。
現行法上では、生理休暇といったものが定められており、正社員の女性であれば生理休暇の申請をすることが認められています。
しかし、人員に余裕のある会社ならまだしも、慢性的に人手不足な職場では一人欠けてしまっては業務に差し支えることから、出社を促そうとする企業が存在します。

スポンサーリンク

そこで、生理休暇ではなく有給休暇を申請する女性が多くいるといわれています。
その理由として、有給休暇は法的にも非常に効力の強いものであり、よほどの理由がない限りは休暇の申請を拒むことはできないということにあります。
また、多くの会社は有給休暇の申請を行う場合にあえて休暇を取りたい理由について報告する義務はないことから、気軽に申請を行うことができるというメリットがあります。
そのため、生理痛がひどくなった場合を想定して有給休暇をなるべく使わないようにしている女性は非常に多いといわれています。
近年では、女性の社会進出の機会が増えてきていることから、企業内はもちろん、国全体として女性の生理休暇に対する周知が行われることが求められています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加