MENU

30代で生理痛がひどくなったらもっと自分をいたわろう

スポンサーリンク

女性は初潮が始まった時から長い年月を生理とともに歩まなければなりません。
月に1回1週間のペースですから、1か月の4分の1は生理の不快感と闘わなければなりません。
とはいえ、生理は女性の体が正常であり、それがあってこそ生命が生まれるのですから、大切なものです。
ただ、女性にとって、面倒くさかったり、体調が悪かったりするので、あまり喜んでばかりもいられません。
生理で何が大変かというと、やはり生理痛です。
ほとんど生理痛がないという人もいれば、毎月重くてしんどすぎて学校や会社を休む人もいます。
その症状は人それぞれです。
ただ、20代の時よりも30代になってからのほうが生理痛がひどくなったという声がよく聞かれます。

スポンサーリンク

10代や20代でも生理痛がある人はたくさんいます。
しかし、30代になるともっと深刻になり、仕事中であろうと学校の授業中であろうと脂汗をかくくらいしんどい人もよくいらっしゃいます。
女性の体というのはずっと同じではなく、日々変化していっているといってもよいでしょう。
特に女性器に関しては年齢とともに変化しているといっても過言ではありません。
生理痛があまりにもひどいと、子宮内膜症などを疑わなければなりません。
毎月のようにお腹が痛い場合は婦人科に行かれることをお勧めしますが、一年のうち、たまにだけ痛い場合はおなかを温めたり、温かいハーブティを飲んで内側から温めることによって改善する場合も多々あります。
30代になったら生理中はもっと自分をいたわってあげるとよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加