MENU

生理痛で力が入らないときは

スポンサーリンク

女性は生理が毎月、周期の間隔はそれぞれですが、きます。
そして、生理痛がある人もあればない人もいます。
また、その症状は人それぞれです。
痛みだけあるが、その痛みもすごかったり、かるかったり。
腰が痛かったり、お腹が痛かったり、頭痛であったりとまさに個人の数だけ症状があるかのようです。
そして、痛みではなく、体全体のだるさや、立ちくらみ、体に力が入らないなどもあるのです。
生理は女性の体が子どもを産めるようになったことのしるしですので悪いものではないですが、やはり毎月毎月、痛みやだるさが襲ってくるのは億劫なものがあると思います。
ただ、少し意識して対策をすると、心構えにもなり、余裕ができることで気持ち程度ではありますが、かるめになることもあると思います。

スポンサーリンク

ですが、あくまでも気持ち程度なので慢心せず、痛み止めの薬などをすばやく使用することも対策の一つです。
痛み止めを使用することは躊躇する方もいるようですが、痛みによって心身にかかるストレスのほうが体に悪影響を及ぼし、痛みと痛みを我慢するストレスの悪循環に陥ってしまうので、容量や用法をしっかりと守れば痛み止めの薬はかなり心強いものになってくれます。
また、体を冷やすことも痛みやだるさ脱力を助長させてしまいますので、足首やお腹まわりを温めることもとてもよい対処方法です。
お仕事や時間に縛られていないときであれば、横になってしっかり体を温め休むことが一番です。
痛みと痛みによるストレスを眠ることで回復させることができますよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加