MENU

生理痛で生じる脇腹の痛み

スポンサーリンク

多くの女性が毎月悩んでいる生理痛ですが、この痛みは男性にはわからないもので人によっては歩けなくなるほどの痛みが伴う事もあります。
まったく痛みを感じないという人がいる事もありますが、基本的には何かしらの症状で苦しむ事になり、しっかりと健康を維持しておかないととても厳しい状態になってしまいます。
女性の排卵は毎月左右の卵巣から交互に卵子が出てきますが、その卵巣がかなり脇腹に近い位置にあるので整理の時にはその排卵をした方のわき腹が傷んでしまう事は多くあります。
そういった場合には整理が終わるのを待つか、痛み止めを飲んで身体を休めるしか方法がありません。
かなりの腹痛が起こるので、出来る限りしっかりと対応しておかないととても厳しい状態になってしまいます。

スポンサーリンク

 生理痛では経血もかなり多く出る場合があり、血液の量も関係している事もあります。
生理の出血の量が異常に多い時には体調の問題やその他の心配もありますが、基本的にはそれほど気にせずに過ごしてしまう事が多いものです。
大抵出血が多い時は痛みも大きくなるので日によってやタイミングによってしっかりと生理対策をしておく必要が出てきます。
脇腹が痛くなってしまうと歩いたり走ったりすることすらできなくなってしまい、仕事にも影響してしまう事があります。
周囲の人はそういったちょっとした変化にもしっかりと気付いてあげて、無理をさせないように気遣ってあげる必要があります。
職場や学校でも出来るだけ身体に無理をさせないようにし、十分な休息を取る必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加