MENU

生理痛の時に辛いエアコンでの冷え

スポンサーリンク

生理痛が重い人にとっては、毎月の生理は憂鬱で辛いものとなっています。
症状の範囲も人それぞれ違い、痛みの感じ方も人によって差があるので、中々辛さを理解してもらえない時もあることでしょう。
生理痛は主に下腹部と腰に痛みを感じますが、軽度の場合は我慢出来る程度、薬の服用で治る程度です。
ひどい場合は、仕事や家事を続けるのが困難な程の痛みを伴い、吐き気や頭痛がすることもあります。
鎮痛剤も痛みが始まってからでは効かない場合があり、日常生活を送るのが困難になってきます。
ひどい場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などが隠れている事も可能性としてありますし、月経困難症として治療が可能な場合もありますので、婦人科の受診をお勧めします。

スポンサーリンク

軽度の場合でも生理痛は辛いものですが、原因としてあげられるのが冷えによる血行不良の場合です。
近年はどこのオフィスも冷暖房が完備されており、男性に合わせてエアコンを強めに設定している所が多いので、冷えに悩まされる女性が多くいるようです。
エアコンでの冷えによる不調は、生理痛だけでなく倦怠感や肩こりなどの原因にもなりますので、出来る限り冷え対策をとりましょう。
夏でもカーディガンを着る、ひざ掛けをするなど、特に下半身を冷やさないように気をつけましょう。
エアコンは自宅ではなるべく使用を控えるか温度設定を上げるなどし、常に身体を温める努力をしてみるのが良いでしょう。
体温の上昇とともに生理痛が軽減したという事例もありますので、日常で出来る事に取り組んでみるのが大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加