MENU

妊娠8週前後の生理痛のような痛みは大丈夫?妊娠初期症状アレコレ

スポンサーリンク

妊娠8週ころになると、つわりもピークを迎え、体の不快な症状が本格的に表れてきます。
つわりの症状には個人差がありますが、吐き気やむかつき、だるさのほか、頻尿になったり便秘になったりすることもあります。
また、妊娠初期には上記のような症状のほかに、ときどき生理痛のような鈍い痛みを感じる人も意外と多いものです。
これは、赤ちゃんの成長に伴って子宮が少しずつ大きくなってきていることが原因の場合がほとんどです。
いずれの症状も、安定期に入ると大多数の人が落ち着きます。
辛いですが、つわりはお母さんの身体をゆっくり休めて赤ちゃんを守るために起こる現象とも言われています。
妊娠初期は特にゆっくり休んで体をいたわってください。

スポンサーリンク

しかし、注意しなければならない症状もあります。
いつまでも生理痛のような症状がだらだらと続いたり、出血した場合には医師に診察してもらいましょう。
特に出血している場合は流産の危険もあります。
診療時間外でもすぐに受診してください。
また、出血がなくても痛みがずっと続く、定期的に張るような感じがあるなどといった場合もできるだけ早く受診することが望ましいです。
診察結果によっては張り止めが処方されることがあります。
どのような症状でも、気になる症状があれば定期検診のときなどに医師に相談してください。
「相談するほどのことじゃないから…」とそのままにしておいて、何となく不安な状態が続けばそれ自体がストレスになり母体に良くありません。
気になることは早期解決してストレスのないリラックスしたマタニティライフを送りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加