MENU

40代の生理痛・更年期障害とそれ以外の原因

スポンサーリンク

女性も40代に突入するとそろそろ更年期障害が現れるようになります。
月経周期についても遅れや、短くなったりするなど不安定さが見られるようになります。
卵巣の機能が加齢により徐々に衰え、また女性ホルモンの分泌も少なくなっていくからです。
最終的には閉経へと至るのですが、それまでが結構長く、早い人でも自覚症状が出てから2〜3年、遅い人だと5〜6年はかかると云われています。
いずれにせよ個人差がかなりあるもので、症状についても周期の変化に加え経血量の変化、例えば極端に少なくなったりする過少月経や反対に多くなる過多月経などの症状が見られる場合もあります。
もちろん生理痛についても卵巣が衰えるからと云ってなくなるわけではありません。
むしろその過程で一時的にひどくなる人も出てきます。
最も更年期障害は女性なら加齢に伴い症状の差こそあれ誰にでも訪れる症状です。
程度がひどい場合は更年期外来などで診察してもらい、ホルモン剤や低用量ピルなどを処方してもらうことでラクになることもあります。
自律神経調整薬で劇的に改善される例も多数あります。

スポンサーリンク

ところで、更年期に入った頃に悩まされる生理痛について更年期障害のせいとほおっておいてはいけません。
この時期に現れる生理痛については、子宮筋腫、子宮内膜症などの病気が隠れていることもあるのです。
特に現代人に多いパターンで、40代になって出産を経験していない女性の場合、婦人科系の病気を原因にした痛みである例が顕著なのです。
また子宮がんなどの病気も月経異常や痛みが症状に見られることがあるので注意が必要です。
対処としてはこれまで婦人科に余り縁が無かった人も含め、40代に入ったら一度は婦人科の診察を受けてみることが大切です。
更年期が原因かなと思っても、同様の症状の陰に隠れた病気はさまざまあると考え、また更年期の不快症状についても積極策で乗り切る方法は婦人科でも色々紹介してもらえますから、是非一度外来を尋ねてみることをご提案します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加