MENU

生理痛で会社を遅刻することは、意外にあると思います。

スポンサーリンク

生理痛がひどい人は、痛みを感じて、鎮痛剤が効いてくるのに30分程度はかかります。
様子を見ているうちに会社を遅刻することもありえると思います。
昔は、生理休暇というものがありましたが、今はほとんど見かけません。
だからといって、生理痛を持っている人が少なくなっているわけでは決してないのです。
結局のところは、生理痛だと言って休みを取らなかったり、言葉にするのが憚られた結果です。
ですが、長くお世話になる会社だからこそ、自分の体質を知っていてもらうのも、大切なことだと思います。
確かに生理痛を腹痛と言い換えてしまう気持ちも十分すぎるほどわかりますが、生理は毎月来るものです。
女性の上司やまたは同僚などに相談する手もあるでしょう。

スポンサーリンク

生理痛は人によって違います。
重い人もいれば全くない人もいますし、重くなったり軽くなったりするものです。
生理になると性格が変わる人もいます。
普段穏やかな人が、非常に起こりっぽくなったり、急に涙もろくなるという精神的な影響も計り知れません。
考えてみれば、体の中で大きな変化が起こっているのですから、それもある意味やむおえないことだと理解できるのですが、毎月来るものなだけに、軽視されている傾向も、無視できません。
生理痛で会社に遅刻するなんて、可愛いものです。
けれど、それを通用させるためには、信頼できる会社の人に、相談する勇気も持ち合わせる必要があります。
それから婦人科に行けば、痛みを軽減する治療も行ってくれます。
遅刻ばかりで悪いイメージを持たれるのを懸念するのであれば、少し積極的に動いてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加