MENU

生理痛の下腹部がチクチクする等の症状を緩和するためにできること

スポンサーリンク

女性にとって毎月やってくる生理というのは憂鬱なものです。
子どもを授かるための女性としての機能とはいえ、生理中の不快感や生理前の下腹部のチクチクする痛みや頭痛、胸の張りなど症状の種類や重さは人それぞれです。
痛みがひどく日常生活や仕事に支障がでるものを月経困難症と言います。
子宮内膜症や子宮筋腫などの可能性もあるので、生理痛の重い人はほったらかしにせず婦人科を受診することをオススメします。
とは簡単に言うものの、婦人科の受診と言うのは気楽に行けるものではありません。
何をされるのか、何をきかれるのか、不安はたくさんあると思います。
しかし、最近ではフルタイムで働いている人でも通いやすいように受診時間が遅くまで設けていたり、女医さんの婦人科も増えているので調べてみるといいです。

スポンサーリンク

様々な症状が人それぞれにでる生理痛の主な原因としては、冷えによって血流が悪くなってしまっていること、子宮や卵巣に何か病気がある、子宮の収縮等が考えられます。
痛みはかなりの割合の人が生理の何日目や何日前等とパターン化していることが多いようです。
そういう時はあらかじめ鎮痛剤を服用するようにするなどして痛みから解放されるようにするのがオススメです。
また、食事面ではホルモンバランスを整えるために緑黄色野菜や肉、魚、豆乳製品をバランスよくとる必要があります。
カフェインやチョコーレート等は控え、生理前には生野菜などのサラダや果物、冷たい飲み物を避けるようにし、とにかく冷えから身体を守るような生活を心がけてみると、生理痛の緩和につながるかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加