MENU

生理痛には腰痛などぎっくり腰に注意が必要です

スポンサーリンク

女性にしかないものですが、生理痛というのは辛いもので、同じ女性でも症状の重い人と軽い人にもわかれるのですが、中には生理痛が全くないという人もいます。
しかし世の中の女性のほとんどは不快感を持っていて、ひどい場合には立って歩くことが出来ないばかりか、吐いてしまう人もいるくらいです。
女性特有の身体の構造なので、男性にはわからないものですが、出産の為にも必要とされる機能なので、生活の中では上手く付き合っていきたいものになります。
薬で抑える人もいて、仕事を休むことが出来ない為に、普段の生活習慣の改善を一生懸命にしている人もいますので、女性の身体で起こる生理痛を理解することによって対策も変わってくるのです。

スポンサーリンク

しかし生理痛と一緒に腰痛にもなりやすいですが、ふとした拍子にぎっくり腰になってしまうと、動くことが出来ない為にパニックになってしまいます。
ぎっくり腰とは「魔女の一突き」とも言われている症状になり、普段全く腰に異常が起こっていなくてもなる可能性があるので、自分は腰が悪くないと思っていてもなってしまいます。
こういった腰の症状には、急性の場合は安静が必要で、アイシングなどをして患部を冷やしてあげるのと、動かないようにするのが一番の治療になります。
骨盤の歪みから来ていることもあるので、その場合には痛みがひいた後に、しっかりと専門の整体やカイロで施術をしてもらうと腰痛ばかりか、生理痛も改善されることもあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加