MENU

生理痛緩和にはジャスミン茶がオススメです

スポンサーリンク

鎮静効果や抗うつ作用が期待することが出来ると言われているのが、ジャスミン茶です。
効能としては、不安や気うつの軽減、不眠解消が代表的ですが、その他にも女性のホルモンバランスを調整する働きも知られているため、生理痛や更年期障害に悩む人にもオススメです。
自立神経の緊張を和らげる効果があることから、集中力を高めるという効果もあります。
 朝の目覚めが悪いという時や集中力を高めたいという時、仕事などで疲れている時などにオススメです。
ただし、ジャスミンの香りが苦手と感じるという人もいます。
そのような場合にはリラックス効果を期待することが出来ないので、あまりオススメすることは出来ないので、無理に飲む必要はありません。

スポンサーリンク

ジャスミン茶を飲む場合には、ホットで飲むことで効果が上がると言われています。
淹れ方としては、90度前後のお湯で入れると良いでしょう。
沸騰したお湯を1〜2回ピッチャーで入れ替えることによって、ちょうど良い温度となります。
お湯200ccに対して茶葉は3g程度が目安です。
これで4〜5煎は入れることが出来ます。
蒸らし時間は、1煎目よりも2煎目、2煎目よりも3煎目の方が長くなります。
透明なガラスのティーポッドを利用すると、ポッドの中で花開く様子を見ることが出来るので、綺麗です。
水出しする場合には、1リットルの水に3gの茶葉を入れ、そのまま6時間ほど放置すると飲み頃となります。
そのまま飲んでも良いですし、砂糖や蜂蜜、シロップなどを入れても良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加