MENU

はちみつ入り生姜紅茶の作り方 温め効果で生理痛を軽減

スポンサーリンク

つらい生理痛ですが、悪化させる原因としては第一に冷えが挙げられます。
丈の短いスカートや、下着などの影響で冷えに悩む女性達は多く、保温ということが健康の一つの秘訣とされています。
そんな中、マスコミなどでも取り上げられている冷え対策の飲み物が生姜紅茶です。
紅茶に生姜をすりおろして入れただけの簡単なドリンクですが、その効果は驚くべきものなのです。
元々、紅茶には体を温める作用があり、様々な効能を持つ生姜と合わせることによって、より一層の保温効果が期待出来ます。
白い砂糖は体を冷やすと言われていますが、はちみつを用いれば体を冷やすこともなく、自然な甘さでドリンクをの味を引き立ててくれます。
このドリンクは代謝を高め、体の余分な水分や老廃物を排泄する効果も期待出来ますので、まさに生理の時に役立つ飲み物となる訳です。

スポンサーリンク

 さて、このはちみつ入り生姜紅茶の作り方は大変シンプルです。
紅茶を用意しますが、茶葉はお好みのものを選びます。
生理というデリケートな時ですので、出来ればカフェインの少ないタイプか、もしくは少し薄めに入れることをお勧めします。
生姜はすりおろして加えた方が成分が溶け出しやすく、効果もすぐ現れます。
これだけでは少し甘みが足りないので、そこにはちみつを加えます。
れんげやアカシアなど、はちみつにも種類があり、中には香りのついたものもありますので、そうしたものを加えれば一層おいしく仕上がります。
プロセスはたったこれだけの至って簡単な飲み物ですが、生姜には気力を補う効果もありますので、生理時にありがちな気分の落ち込みや不安定な心などもじんわりと整えてくれるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加