MENU

年齢と共に運動不足による筋肉痛や生理痛の症状

スポンサーリンク

若い頃は筋肉痛もその日の内に症状が改善されたり足が疲れたり冷えたくらいでは足のむくみや腰痛になったりはしなかったものだが年齢を重ねるごとに冷えからくる足のむくみや腰痛そして生理痛も酷くなる一因とも言われている。
まず筋肉痛は運動不足からとも言えるでしょう。
適度な運動を心がければいいのだが歳を取ると、そうはいかない。
特に30代40代は日々の忙しさにかまけ運動をする暇も余裕もない。
50代以上になると少しずつ運動をしなければ老後になって身体に良くないと言う事で無理にでも運動をしだす年齢かもしれない。
適度な運動さえしていれば筋肉痛も改善されるという訳だ。
筋肉痛は日々の運動で治る。
適度な運動とは一体どんなものがいいのか。
自分なりに無理のないウォーキングから始めてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

生理痛に関しては若い頃から生理痛があったと言う人も多いが年齢を重ねてから突然生理痛になったという話も良く耳にする。
出産をし生理痛が治まったという話もあるが逆に若い頃にはなかった生理痛が40歳半ばを過ぎてからくる人も多く聞く。
その場合は1人で悩まず、まず医療機関に行ってみるのが1番良いでしょう。
検査をした結果何もなければ安心もする。
もしそこで何かあれば、先生の指示に従うのが賢明だ。
年齢を重ねると出産をしたしないに関係なく症状として現れるのだから医療機関に行った事で損はない。
悩んで手遅れになるよりも早期発見で処置し改善された方がいいのですから。
10代の頃に始まる初潮が40代もしくは50代で終止符ある意味、生理によって身体のバランスを保ってくれていた生理にお疲れ様という意味もあるかもしれない。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加