MENU

生理痛が原因の頭痛はエストロゲンの減少により起こる

スポンサーリンク

生理痛にはいろいろな種類があります。
腹痛や腰痛はもちろんですが頭痛も生理からくるものがあります。
生理によって起こる頭痛の原因はエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が影響してきます。
生理周期によってエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増減します。
卵胞ホルモンの分泌は排卵前にピークに達し、排卵後に急激に減少します。
卵胞ホルモンが急激に減少することによって、脳内にあるセロトニンという物質も減少し、脳の血管が拡がる事で頭痛が起こります。
生理によって起こる頭痛の特徴は心臓の拍動にあわせてズキズキと痛んだり、体を動かす際に痛んだりする場合があります。
頭痛が起こる前に吐き気を伴う場合もあります。

スポンサーリンク

現代の女性は昔に比べ、女性ホルモンにさらされる期間が長くなってきたことにより様々な症状の生理痛が増えてきました。
生理痛で特に大きな原因になっているのがプロスタグランジンという物質です。
生理直前の不調は黄体ホルモンが原因で主な体の不調はイライラや乳房痛、だるさや集中力の低下です。
生理前半はプロスタグランジンという物質が原因で主な体の不調は下腹部痛や吐き気などです。
プロスタグランジンは子宮の収縮を促し、経血を体外に排出する役割を果たしています。
この物質の量が多い人ほど生理痛に悩まされる確率が高いです。
プロスタグランジンは血管を収縮させるので腰痛や冷えを誘発します。
軽い生理痛なら血液の循環を良くすることで症状を軽減できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加