MENU

二日目の生理痛は体の冷えを改善するようにするといい

スポンサーリンク

生理になって一日目よりも二日目の方が生理痛がひどいという人は多いということですが、それは一日目よりも体がむくんだり、熱をもったように感じることもあり、体に変化があるからではないでしょうか。
一日目と二日目の両方痛いというひとや、ずっと痛みが続く、という人もいます。
生理痛の痛みは冷えが原因になっていることが多いので、まずは体を冷やさないようにすることが大切です。
おしゃれで肌を露出したり、冷える服装をするのはなるべく生理中は控えるようにします。
できれば、普段から体が冷えるような服装は避けるようにして、冷たい飲み物は口にしないようにします。
内側からと外側から、両方で体を冷やしてしまうのは生理痛がひどくなる原因であることが多いのです。

スポンサーリンク

できれば生理期間中の二日目も含めて、つらい日は体を休ませておくのがいいのですが、仕事が学生の場合、そういうわけにもいかないので、温かくすること、冷えないように温かいものを口にするようにする、という先ほども書いたことをきちんと実行しておくことでだいぶ生理痛も和らぎます。
二日目がつらい、と事前にわかっているときには、休めるときには休んで、体に無理をさせないことです。
また、夏でも体を冷やすようなエアコンなどの使いすぎには気をつけるようにします。
二日目の生理痛は本当につらくておきていられない、というときにはおなかを温めるように、ひざ掛けをのせるとか、冬なら腹巻をするなどの防寒をすることで、痛みを軽減することが可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加