MENU

スポーツ選手と生理痛の付き合い方

スポンサーリンク

女性ならば多くの人が軽いものから重いものまで個人差はありますが生理痛を経験することがあります。
これは世界的に活躍しているオリンピック選手などの女性も例外ではなく経験します。
男性のスポーツ選手は生理など大きな体のリズムは無いので食生活などを普段から気を付けていれば比較的女性よりも体調の管理はしやすいものです。
しかし女性の場合はそうはいきません。
もし大きな試合などの大会の時に生理痛になってしまっては、いつもよりもコンディションに影響が出てしまい、それまで努力をしてきた成果などが発揮しにくくなります。
ですので自分の競技に対することだけでなく生理痛に対しても何らかの方法で対処をしながらの毎日を送らなければなりません。

スポンサーリンク

生理痛がひどいからといって練習を休むことは避けなければならないので普段から生理の周期に気を配り、生理痛が酷い場合には鎮痛剤や体を冷やさないように工夫をし、練習後のケアも重要に行います。
また大会の時にはやはり生理がない方が集中して挑めるので医療機関などでピルを処方してもらい万全の状態を作るように心がけます。
このように女性のスポーツ選手には競技以外の苦労が付きまとい続けます。
しかし、現在の日本では男性よりも女性の選手の活躍が目覚しいのはその苦労も一種のメンタル的な効果をたらした結果です。
スポーツだけではありません多くの女性が精神的、肉体的にタフであると言われるのは、普段疎ましがられている生理痛が副産物として与えてくれているものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加