MENU

生理痛や不順を軽減し、生理を楽に乗り切る

スポンサーリンク

生理痛に悩む女性にとっては、生理がくると気分が憂鬱になるほどに毎月が大変なものです。
よく言われるように男性や痛みの軽い人には、重い場合の女性の悩みを心から理解してくれる人は稀なのではないでしょうか。
もちろん痛みの度合いも人ぞれぞれですし、感じ方にも個人差がありますので、全てが重度と言える事ではないのですが、鎮痛剤が効かないほどの痛みや、寝込んでしまうほどであれば何らかの病気が原因の事もありますので、早めに産婦人科に相談することをお勧めします。
痛みがひどい事の他にも、生理不順や、経血の量が多い、排便時にも痛みを感じるなどであれば、子宮内膜症や子宮筋腫の疑いがありますので、自分でチェックをしてみましょう。

スポンサーリンク

女性の体と月経の周期には一定のバランスがあり、過剰なストレスはホルモンバランスの乱れに繋がり、生理不順や生理痛の原因にも繋がってきます。
日常生活がつらいほどの痛みや、下腹部痛のほかに腰痛や頭痛、吐き気、下痢、めまいなどを感じる場合は、月経困難症と呼ばれ治療が可能です。
日常生活で気を付ける事としては、ストレスを軽減する事や、体を冷やさないようにする事も大事です。
冷えによる血行不良とホルモンの乱れ、ストレスはそれぞれが密接に繋がっています。
規則正しい生活を心がけつつ、入浴を充分してリラックスを心がけましょう。
くよくよせず前向きな気持ちを持つことも大切です。
自分の体と心に向き合い、ケアしていくことで、生理痛を軽減し明るく毎日を送りたいものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加