MENU

出血量と生理痛の関係と血があまり出ない時の原因

スポンサーリンク

生理の時の出血量と、生理痛の程度には関係があるのです。
生理の時は子宮内に溜まった毒素が経血として押し出されています。
月に一度のデトックスのようなものですが、子宮の中に溜まった毒素が多ければ多いほど、それを排出する為に子宮は強い収縮を繰り返すことになります。
その時に収縮を手助けする為のプロスタグランディンというホルモンが集まってきます。
そのホルモンが多ければその分生理痛が強くなるということです。
また子宮内膜症という病気があると、子宮内膜が厚く形成され、それがはがれて経血となって出てくるので、量が多くなります。
それを押し出そうとするので子宮内膜症の人もまた生理痛がひどくなります。
子宮内膜症なら治療が必要なので、出血量が多く生理痛がひどいようなら婦人科に受診することが大切です。

スポンサーリンク

逆に生理中であってもあまり経血が出ない人もいます。
そのような人は子宮内に毒素が少ないか、尿や汗など他の方法でデトックスがされている人、または無排卵の場合などです。
毒素の量や排出方法のためなら問題はないのですが、無排卵の場合は治療が必要です。
無排卵で卵胞ホルモンしか出ず、内膜が残って表面だけはがれているのか、内膜が厚くならずにうすいままはがれて出血量が少なくなっている可能性があります。
排卵していなければ妊娠することもできませんので、基礎体温を毎日測って低温期が続いているようなら病院に行くことをお勧めします。
生理痛は料と関係があると掻きましたが、中には量が少なくても生理痛もひどいという人もいるようです。
量が少ない原因が無排卵によるものでなければ、ホルモンバランスの崩れが原因かもしれません。
いずれにしても一度は婦人科に行く方がいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加