MENU

生理痛で分かる兆候・出産により軽減する生理痛

スポンサーリンク

現在生理痛に悩む女性は増加していると思われますが、症状も人によってまちまちです。
症状としては主に下腹部に痛みを感じますが、腰痛や頭痛を感じる場合もあります。
軽度の場合は、日常生活に影響を出さずに過ごす事が可能ですが、重い場合は痛みで寝込んでしまうほどの人もいるので、仕事や家事が出来ないケースもあります。
生理痛が軽度の場合はあまり心配はいりませんが、薬が効かなかったり、年々痛みがひどくなるなどの場合は、なんらかの病気の兆候という事もありますので、婦人科の受診をお勧めします。
自分でチェックする場合は、ひどい生理痛以外にも、経血の量が通常よりも多い、生理不順、出産を希望しているのに妊娠しない、レバー状のかたまりが出るなどのも兆候として考れらます。
こうした症状が気になったら早めに産婦人科に相談しましょう。

スポンサーリンク

また、生理痛の原因としては、10代などの若い女性や出産経験がない女性に多く見れれる、子宮口の成熟の問題があります。
子宮口が狭い場合、経血がスムーズに流れずに、子宮が経血を押し出すために収縮し、生理痛に繋がります。
この場合は、成熟に伴って自然に治ったり、出産を経験する事で治るケースもあります。
それ以外の原因としては、冷えやストレスなどが関係してきます。
身体が冷えると血液の循環が悪くなりますので、痛みに繋がる時があります。
また、ストレスはホルモンや自立神経のバランスを崩し、血行にも影響が出ますので不快な症状を感じ安くさせます。
日常生活で、身体を温め冷えやストレスを取り除く努力をし、辛い生理痛を軽減して快適な生活を送りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加