MENU

生理痛とつわりの関係は比例するのか

スポンサーリンク

女性にとって毎月起こる生理はとても憂鬱なものです。
中には生理痛の重さに苦しんでいる女性も少なくありません。
そしてこの痛みは男性には理解し得ない痛みでもあります。
男性に理解できない症状と言えば、「つわり」があります。
これは妊娠初期に見られる特有の症状で、吐き気や頭痛など人によっても様々です。
ところで、生理痛とつわりの関係は比例するという話を聞いたことはありませんか?普段生理痛が思い人はつわりも比例して重い、あるいは生理痛が普段酷い人はつわりが比例して軽い、などその関係において様々な噂が飛び交っています。
当記事では、この月経における痛みと悪阻の関係性について本当のところはどうなのかスポットを当てていきたいと思います。

スポンサーリンク

いま現在、月経痛と悪阻の関係性は証明されていません。
つまり、「月経痛が酷いと悪阻も酷い」あるいは「月経が酷いと悪阻が軽い」という関係に対する科学的な根拠はないのです。
どちらも大きなくくりでは女性ホルモンの乱れや作用によって起こることなのですが、体にはそれぞれ黄体ホルモンやプロスタグランジンなどの物質が働いています。
月経痛においても悪阻においても、痛みや苦しみは人それぞれです。
どちらも健康管理に努め、生活リズムを見直すことで快適に過ごせるようになることもあります。
ですが、あまりに酷いような場合はサプリメントを摂取したり、かかりつけの医師に相談をしたりするようにしましょう。
大事なことは無理をしないということです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加