MENU

デート時に生理痛がある場合の彼氏としての理解と対応について

スポンサーリンク

男性には理解しにくいものだと思いますが、女性には1ヶ月の間に7日程の生理があるためその生理痛に悩まされる女性は多くいます。
生理痛が起こりやすいのは始まった1日目と2日目です。
痛みは人それぞれですが、人によっては薬を服用しても物凄く痛み寝込んでしまう人もいます。
でも月によってはホルモンバランスにより痛みも違う時もあります。
先月は痛いと言っていたのに、今月は大丈夫なのか。
と思われるかもしれませんが、それは仕方がないことだと思ってくれると女性側からしたらありがたく思います。
もしあなたの彼女が生理痛が酷いタイプの人だったらどうしますか。
楽しみにしていたデートの日、体調が悪いと逢えない日もあるかもしれません。
そんな日は、逢いたいのを我慢して休ませてあげるのが男性としての優しさなのではないかと思います。

スポンサーリンク

だけども生理痛があっても、彼氏に逢いたいと彼女はデートに来るかもしれません。
またデート途中に生理がきてしまい、生理痛が起こる事もあります。
生理での痛みがあり、それだけでなくいつもよりいまいち反応も悪くちょっとイライラぎみだったりもするかもしれません。
そんな時の彼氏としての対処法はいつもと違う彼女に対して怒るのではなく冷静になって優しく接してあげられるのがベストです。
彼女もイライラしたくてそうなっているわけではないからです。
ホルモンバランスが崩れることによって自分で抑えられないものが出てくる場合もあるからです。
また、歩いてばかりで辛そうならば時々どこかで休んであげましょう。
また寒さは痛みを増す場合もあるので、それも気をつけてあげましょう。
デートをするなら、体に負担をかけさせないように出来るならば彼女の家に近い場所の方が良いです。
生理の時は、体に触れて欲しくない女性は結構います。
生理痛があれば、尚更そう思うことでしょう。
体に触れることを拒否されても、そこは落ち込まずに理解をしてあげれると彼女も喜んでくれるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加