MENU

テーピングが生理痛の緩和に効果的

スポンサーリンク

女性の多くは、1度は生理痛で痛みを感じたことがあるのではないでしょうか。
生理痛には個人差があり、ほとんど痛みを感じない人もいれば、生理のたびに下腹部や腰に痛みを感じて鎮痛剤が必要になる人もいます。
ただし薬には、飲み続ける事で副作用をおこす可能性があることから、鎮痛剤を飲まずに痛みに耐えている女性も少なくないのです。
そういった人には、薬を飲まずに痛みを和らげる方法がおすすめです。
例えば温かい飲み物を飲んだり、下腹部にカイロなどをあてて温めたて改善する方法が一般的に良く試されています。
自宅にいる間なら湯たんぽなどを使う人も多いようです。
生理の間だけでなく、下半身を冷やさないように気をつけることも大切です。

スポンサーリンク

冷え性や生理痛の症状に効果があるといわれているつぼを押す方法もあります。
足首の内側のくるぶしから指3本分上で生理痛や冷え性の人の場合には、おすと痛みが感じられます。
わかりにくい時にはその周辺を押す事で、生理痛が緩和できます。
また、下腹部にテーピングを十字に貼る方法も効果があると人気です。
この部分にはつぼがあり、つぼを押しても効果がありますが、長時間ずっとつぼを押している事は難しくなります。
そのためテーピングをしておけば、常につぼを刺激してるのと同じ状態になるため、生理痛の緩和になるのです。
生理が始まってからでも痛みは軽減されますが、生理前から貼っておくとより効果的といわれています。
ただし痛みがあまりにもひどい人の場合には、病気が隠れている可能性もあるため、早めに病院に行く事が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加