MENU

生理痛は四日目位から、軽くなる

スポンサーリンク

一般的に、生理痛は四日目位から、段々と軽くなるようです。
しかし、中には1週間程、生理痛が続く場合もあるので、症状は人それぞれです。
起き上がれない程の痛み等、生活に支障をきたす場合は何らかの病気が隠れていることがあるので早めに専門医を受診する事が大切です。
自分は生理周期が何日なのか、生理が始まった日と終わった日も、手帳などに記入して管理することも大切です。
病院を受診する時には、必ず聞かれることです。
症状なども毎月、同じなのか、たまに生理痛があるのか、その様な細かい症状も体調管理として記入しておくと診察もスムーズになるかと思います。
普段、服用している薬があれば、それらも伝えることです。
薬剤名が記入されている物があれば、良いと思いますスポンサーリンク

病院に行くときは内診があると思うので、長めのゆったりした、スカートで行く事をおすすめします。
やはり、産婦人科と聞くと一般的には近寄りがたいかもしれませんが、女性にとっては一生必要な事だと思います。
患者さんは妊娠中の方ばかりではなく、年齢も様々です。
重い症状がある生理痛で悩んでいる方は、恥ずかしがらずに受診する事です。
検査して何もなければ安心ですし、他に毎月の生理痛を軽くする方法があるかもしれないと言う事です。
自己判断は、とても危険です。
自分の身体を大切に労ることも必要です。
沢山の産婦人科の中から、友達に聞いたり口コミで、おすすめの病院を聞くことも安心するかと思います。

まずは、勇気を出して受診する事ですスポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加