MENU

生理痛による下痢、吐き気、それらによる脂汗

スポンサーリンク

女性は赤ちゃんが産める体になったしるしとして、生理がきます。
その生理なのですが、痛みを伴う場合が多々あります。
もちろん、まったくない方もいらっしゃいますので全員がそうであるということではありません。
さて、生理痛ですがいろいろな種類があり症状もさまざまです。
子宮が活発に動くことによって、腸のあたりが刺激され、下痢になることがあります。
また痛みと刺激によって吐き気をもよおすこともあります。
そして、痛みと下痢と吐き気の相乗効果で脂汗を大量にかくこともあります。
あくまでも、生理痛から引き起こされているものなので、痛み止めを飲むとかなり症状が和らぎます。
痛み止めを飲むだけではおさまらない場合もあるので、体をを温めながら休息することが大切です。

スポンサーリンク

下痢や吐き気の症状の場合、体を温めるために温かいものを飲んだりすると、逆に下痢や吐き気がひどくなる場合も見受けられますので、口に何か温かいものをいれる場合は体の状態を確認しつつしてください。
毎月毎月この症状が続くとかなり心身に負担がかかると思いますが、それを緩和する意味でも婦人科を受診して子宮の状態をみてもらうのも一つの手段です。
生理痛は病気ではありませんが、その痛みの原因がわかるのとわからないのとでは雲泥の差があります。
また、婦人科を受診することで、より症状にあった薬を処方してもらえますので毎月のわずらわしさから開放されることにもなります。
下痢、吐き気、脂汗などの症状はかなり驚くことと思いますが、対処法を知っておくとあわてることがないのでよいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加