MENU

「生理痛」による「吐き気」や「めまい」や「冷や汗」など

スポンサーリンク

月経がはじまってからや又はその直前から下腹部痛をともなう「頭痛」や「吐き気」や「めまい」「冷や汗」など「生理痛」と同時にくる不快な症状がある場合があります。
個人差があるものですが、我慢出来る範囲以内の人もいれば、日常生活に支障をきたす方もいるものです。
この「生理痛」は子宮の収縮によるもので病的でない方は多いものの、時には病気が原因で痛むケースもありますから注意が必要です。
月経は卵巣から分泌される女性ホルモンの変動で周期的におこるものですが、このようなホルモンは子宮以外にも乳腺を刺激したり、骨盤内を充血させる作用があります。
ホルモンの作用が最大限になる時に様々な変化をともなうのです。
「生理痛」の痛みは市販の痛み止めで解消されても、病気が原因であれば放置すると病気が進行するものです。

スポンサーリンク

病気で考えると、20歳ぐらいまでなら子宮発育不全やホルモンのアンバランスが多いものです。
20代や30代前半ぐらいだと子宮内膜症や30代前半以降は子宮筋腫によるものが多いのも事実です。
月経前緊張症でも腰痛や頭痛、倦怠感やむくみ「吐き気」「めまい」「冷や汗」などの不快な症状があるものです。
下痢や吹き出物が出来る方もいますし、イライラする方も多いのも特徴です。
ホルモンの変調で自律神経が反応しておこる症状もあるため、ストレスを溜めこまず静養するのも大切です。
楽しめるような自分なりのリラックス法を探し出すのも効果的です。
心配なのは、「生理痛」がなかったのに突然引き起こったり、年齢と共に「生理痛」が強くなってきた時には病気の可能性も疑います。
今までとは何か違うと感じた時には放置せず婦人科で診療しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加