MENU

パニック障害を持っている方が生理痛になってしまった時の対処法

スポンサーリンク

パニック障害は、激しい動機や発汗や息苦しさや震えなどの症状があり、このままでは死んでしまうかもしれないと感じるほどの強い不安に襲われる病気です。
この発作はパニック発作と呼ばれ、非常に厄介なものです。
心療内科や神経科に行く事が最も良い対処法ですが、治療中に必ずしもこの発作が起こらないとは限らないので、本人には常に不安が付きまといますし、常に安心した状態で休める方が良いので、無理な外出などは控えるのが無難です。
パニック障害に生理痛などがプラスされてしまうと、不安は更に増加し、生理痛が起こった時に、立っていられない程の発作などに見舞われる可能性もありますから、事前に注意が必要ですし、病院などでも不安な場合には相談をしておくのが適切となります。

スポンサーリンク

また、パニック障害を持っている状態で、外出時にひどい生理痛などが起こってしまうと、手足からは汗が出て、胸などが苦しくなり、腹痛が激しく、貧血に近いような状態で、動けないほどの痛みが生じる場合もあります。
こうした場合、動けるまでしばらく休む事がとても大切なので、同行している方がいるのであれば、その旨を伝え、休むようにするのが良いです。
どんなに気を付けていても知らず知らずのうちに起こってしまうのがこの症状の恐ろしい所です。
めまいなどで倒れてしまったり、酷い状態が続くようであれば、医療機関にいつでも頼れるような状況にしておくのが良いので、できるだけ一人での外出は避けるように行動を行い、仕事などがある場合でも、不安が強いのであれば、何等かの都合をつけて休息をとるのが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加