MENU

生理不順やひどい生理痛と向き合う方法

スポンサーリンク

女性にとって、ひと月に1回生理ということに向き合う日々がきます。
生理前症候群という言葉がよく聞かれるようになりましたが、女性と生理の関係は月に1回の約一週間ではすまないようです。
中にはそんな生理痛や生理不順などがあまりない方や軽度の方もいます。
「生理痛がひどい人は妊娠の時は楽だ」なんて聞いた事があると思いますが、生理痛のひどい人は少なくともそう願いたいものです。
生理痛など女性の生理にいついてこのように取り上げられるようになったのも、働く女性などが増えた事も影響していると思います。
働く女性にとって、ホルモンバランスの乱れや生理痛、生理不順による不安などは深刻な問題なのです。
そして、仕事などのストレスや不規則な生活によってますます生理不順が起こり、悪循環であるのは間違いありません。

スポンサーリンク

そもそも「生理」とういものが女性にあるのは、子供を授かるため必要な生理現象です。
まず、女性自身がその素晴らしい権利を理解しているでしょうか。
男性は子供が産みたくても産めない体なのです。
女性に与えられた特権として「生理」と向き合うと考え方も少し変わってくるかもしれません。
朝昼晩ちゃんと3食食べていますか。
食事バランスは大丈夫ですか。
満足な睡眠はとっていますか。
適度な運動はしていますか。
体を冷やしていませんか。
ストレスをためていませんか。
仕事が忙しいからといって、女性の特権を厳かにしていてはいけません。
少しでもバランスを崩せば、防衛能力として生理不順や生理痛にかわって危険サインを体が示してくれています。
まずは、そこから改善してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加